マルチスズキ・エルティガ

スズキは1月9日、インド子会社のマルチスズキの2012年のインド四輪車販売の結果を発表した。総販売台数は104万5615台。前年比は5.9%増だった。

104万5615台の内訳は、乗用車が87万0373台。SUVや商用車は11万8688台。

セグメント別では、乗用ミニセグメントの『マルチ800』、『アルト』、『Aスター』、『ワゴンR』が、合計44万8822台で最多。コンパクトセグメントの『スイフト』、『ゼン・エスティロ』、『リッツ』(日本名:『スイフト』)が、25万6118台でこれに続いた。

スーパーコンパクト部門では、スイフトの4ドアセダン、『スイフト ディザイア』が15万4916台と人気。SUVでは、『エルティガ』を投入した効果で、他の2車種と合わせて11万8688台を販売。商用車では、バンセグメントの『オムニ』、『イーコ』が11万8688台を売り上げている。

スズキは「2012年7月、マネサール工場で暴動が発生したが、新型車のエルティガや『アルト800』、スイフト ディザイアのディーゼルエンジン搭載車の販売が増加した」と説明している。

スズキ・スイフトの4ドアセダン、Dzire