ジープ・グランドチェロキー

クライスラーグループのジープブランドは1月9日、2012年の世界販売の結果を公表した。総販売台数は過去最高の70万1626台。前年比は19%増と、3年連続で2桁増を達成した。

ジープブランドの世界販売記録の更新は、1999年以来、13年ぶり。1999年は年間67万5494台を売り上げており、2012年はこの記録を2万6000台上回る。

市場別の伸び率では、中国が前年比107%増と急増。アジア太平洋地域も前年比94%の大幅増だ。信用不安の欧州でも、前年比29%増を達成。南米市場でも18%増と伸びた。地元、米国は13%増。

車種別の2012年販売実績は、『グランドチェロキー』が22万3196台でトップ。米国では、過去最高の15万4734台を販売した。また、『ラングラー』が新記録の19万4142台、『コンパス』も過去最高の10万3321台で、これに続く。

ジープブランドのマイク・マンレイ社長兼CEOは、「ジープは世界、そして米国で3年連続の2桁増。2009年後半にラインナップを刷新して以降、顧客の支持が明確に伸びた」と語っている。

ジープ・ラングラー ジープ コンパス