ニコ・ヒュルケンベルグ(参考画像)

「ザウバーで2013年に好成績を挙げられるか?」という問いに対し、ニコ・ヒュルケンベルクは「ポテンシャルはあるがポディウムにはやや足りない」と語る。

フォースインディアからザウバーに移籍したヒュルケンベルクは、これまでとは違う新しいチームでF1キャリアの三年目に踏み出すことになる。昨シーズンのザウバーはセルジオ・ペレスと小林可夢偉で合計4度のポディウムに立ち、F1グリッドのサプライズと呼ばれた。他方ヒュルケンベルクのベストリザルトは、2012年ベルギーGPの4位だが新しいチームでの目標は口にしたくはないと言う。

「ポディウム獲得とか口にするのはまだ早いと思う。マシンの仕上がりだってまだ誰も予想できない段階だ。ポテンシャルがあることはわかっているし、何か良いことがあれば良いなとは誰もが思ってる」

ヒュルケンベルクは将来フェラーリに引き抜かれるという噂もあり、ザウバーがそのための踏み台に過ぎないと見る向きも多い。彼自身も機が熟せばトップチームでドライブしたいとの意欲を隠そうとはしない。

「トップカーを与えられて今以上の注目を浴びるというのも、新しい経験だろうね。慣れるまでに少し時間がかかるだろうけど、そういうチャンスが来ればきちんと対応できると思う」

ヒュルケンベルク(フォースインディア在籍時、F1バーレーンGP)(参考画像)