インドのマヒンドラの新型EV、e2o

インドのマヒンドラグループの子会社、マヒンドラREVAエレクトリック・ビークルズ社は1月7日、次世代新型EVの車名を『e2o』(イー・ツー・オー)と発表した。

マヒンドラREVAエレクトリック・ビークルズ社の前身は、インドのバンガローに本拠を置くREVA社。小型EVの『G-Wiz』を、世界24か国で3000台以上販売した実績を持つ。

REVA社は2009年、フランクフルトモーターショー09に小型EVコンセプトカーの『NXR』を出品。量産に向けた準備を進めるさなかの2010年5月、マヒンドラがREVA社の株式の過半数を取得。REVA社はマヒンドラグループの子会社、マヒンドラREVAエレクトリック・ビークルズ社として、再出発した。

同社が今回、車名をe2oと決定した次世代新型EVは、コンセプトカーのNXRの市販バージョン。車名のeは太陽エネルギー、oは酸素を意味する。

e2oはその名の通り、ソーラーパネルに蓄えた電力から、二次電池(リチウムイオンバッテリー)の充電が可能。1回の充電で、最大100kmを走行できる。