ダッジ ダートGT

クライスラーグループのダッジブランドは1月8日、米国で1月14日に開幕するデトロイトモーターショー13において、『ダートGT』を初公開すると発表した。

2012年1月のデトロイトモーターショー12でデビューした『ダート』(DART)は、ダッジブランドにとって、日本にも輸入された『ネオン』以来、久々の小型セダン。その最大の特徴は、クライスラーグループとフィアットの資本提携効果を生かし、クライスラーグループとしては初めて、フィアットの車台を基本に開発された点だ。

ダートの車台は、フィアット傘下のアルファロメオ『ジュリエッタ』がベース。そのボディは、世界レベルのエアロダイナミクス性能をテーマに掲げ、デザインされた。

デトロイトモーターショー13で初公開されるダートGTは、ダートのスポーティグレードの位置付け。「リミテッド」グレードに対して、スポーツサスペンション、ブラックグリル、デュアルエグゾースト、18インチアルミホイールなどを追加。インテリアには、ナッパレザーシート、8.4インチのタッチスクリーンモニターなどが奢られる。

搭載エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリン。最大出力は184ps、最大トルクは24kgmを引き出す。

ダッジ ダートGT ダッジ ダートGT ダッジ ダートGT ダッジ ダートGT ダッジ ダートGT ダッジ ダートGT