スバル・インプレッサ(米国仕様)

富士重工業は、スバルの2012年小売販売台数が米国、カナダ、豪州において過去最高を達成したと発表した。

米国では前年同期比26.0%増の33万6441台となり過去最高を達成。これにより4年連続で過去最高を更新するとともに、5年連続で前年実績を上回り、スバルは5年連続で前年実績を上回る唯一の主要メーカーとなった。また2012年12月の販売台数が3万6653台となり、単月の販売台数としても全ての月を通じて過去最高となった。

車種別では『インプレッサ』が同148.9%増の6万8175台、改良を実施した『アウトバック』が同12.6%増の11万7553台、『レガシィ』が同11.2%増の4万7127台となった。また発売から約5年が経過した『フォレスター』が同0.2%増の7万6347台、『インプレッサWRX』が同1.3%減の1万3624台と堅調な販売結果となり、さらに2012年に新規導入した『スバルBRZ』が4144台、『スバルXV』が7396台と上乗せになった。

カナダではインプレッサの販売を大きく伸ばすとともにスバルXVが上乗せとなり、アウトバックも堅調に推移したことで同14.9%増の3万1003台と過去最高を達成した。

豪州では1月に導入したスバルXVが9908台と大きく貢献し、合計が同18.2%増の4万0189台となり、こちらも過去最高を達成した。

スバル・アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)の2013年モデル