「プロトンシティー」、10年かけ追加開発 国際レベルの自動車産業都市目指す

ペラ州のタンジョン・マリムにある「プロトン・シティー」の国際レベルの自動車産業都市を目指し、向こう10年で様々な施設建設、インフラ整備を進める。

「プロトン・シティー」は、1996年に初期投資額25億リンギをかけて開発されたが、その後開発は減速し、30%までしか開発が行われていなかった。DRBハイコムによる5カ年計画の一環として、向こう5年で販売センターなどの施設を建設し、プロトン車の販売及び生産のハブにするため開発が行われている。

「プロトン・シティー」の工場を訪問したムヒディン・ヤシン副首相は、「プロトン・シティー」では急速に開発が進んでおり、自動車産業都市化に向け順調に進んでいると指摘。人口が増えている同地や近隣の都市にインフラ整備や公共施設の建設が必要だと強調した。教育省は中学校の建設を決定したという。建設には4000万リンギが投じられる。来年建設を開始し、2014年に完成する予定だ。生徒数は1200人に上ると見込まれている。また250万リンギをかけイスラム学校も建設される予定だ。「プロトン・シティー」に住む学生達は現在、10キロメートル離れた学校に通っているという。