BMW・7シリーズ《撮影 内田俊一》

BMW『7シリーズ』がマイナーチェンジし、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)より発売が開始されている。価格は1022万円から。

同車試乗会において、BMWマーケティング・ディビジョンプロダクト・マネジメント・マネジャーの岡田祐治さんによると、デザインの変更点の多くはフロント周りにあるという。「ヘッドライトやバンパー部分を一新しました。特にバンパー下部の黒抜きにしたエアインテーク周りを幅広く見せることで、よりワイドかつスポーティなデザインとしています」と話す。

さらに、「デザインのハイライトとして、LEDヘッドライトを新たなコンセプトで作りました」とし、具体的には、「ロービームを点灯すると、4つのLEDリング全てが発光しますので、夜間でもよりBMWらしさがわかるデザインになっています」と述べる。「通常のLEDライトは、リングの中に発光源があり、それを照射する形が多いのですが、(新型7シリーズは)リング自体が発光するという非常にユニークな作りになっているのです」。また、「従来型は一番端に位置していたターンインジケーターを、上部に移すことによって、LEDをよりワイドに見せる効果を生んでいます。このことのよっても、ワイドかつ、スポーティなデザインを実現しているのです」という。

リアビューについても、「BMW伝統のL字型のLEDリアコンビネーションランプを採用。また、クロームのフィニッシャーのデザインを少し変更し、左右のリフレクターと一体化したデザインにすることで、よりワイド感を強調したデザインとなっています」。その結果、「フロント、リアともロー&ワイドをより強調し、よりスポーティなデザインとなりました」。

また、シャシー関係では、「BMWですから、ハイブリッドいかんに関わらず、50:50の重量配分を実現しているのはお約束通りです」と岡田さん。さらに今回の特徴点として、「Lモデル(ロングホイールベース仕様)にのみ標準装備だったリアのエアサスペンションが、乗り心地向上のために標準のホイールベースモデルにも全車標準装備となりました。これにより、後席の乗り心地、そして、積載量に関わらずダイナミックな走りが実現できるといった効果を生んでいます」と語った。

BMW・7シリーズ《BMW》 BMW・アクティブハイブリッド7《撮影 内田俊一》 BMW・7シリーズ《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド7《撮影 内田俊一》 BMW・アクティブハイブリッド7《撮影 内田俊一》