スズキ・鈴木俊宏副社長≪撮影 小松哲也≫

スズキの鈴木俊宏副社長は、2012年の軽自動車販売シェアが19年ぶりに30%を割り込んだことについて「30%は最低限確保するという政策は必要」との考えを示した。

鈴木副社長は1月7日都内で開かれた自動車工業関連団体の賀詞交歓会で一部報道陣に対し、「やはり軽を中心にやってきたメーカーだということでは、30%は最低限のターゲットにしたい。それくらいは頑張ってやるというのは必要だと思う」と述べた。

その最低限とする目標を19年ぶりに割り込んだ要因については「販売力の弱さもあるし、商品でなかなか他社のラインアップについていけなかった部分もある。それこそ燃費だけでは売れないというところをやはりもう一回ちゃんとやらなければいけないし、お客様に対するサービスや営業体制も見直していかなければいけないと思う」と分析。

その上で「それをやらなければ生き残れない」とも強調した。全国軽自動車協会連合会が同日発表した2012年の軽自動車販売台数は前年比30%増の197万9447台で、このうちスズキは同23%増の47万6138台だった。この結果、2012年のスズキのシェアは29.6%と前年に比べ1.7ポイント低下した。

スズキ・鈴木俊宏副社長≪撮影 小松哲也≫