タイムズ24、受診歴連動の駐車料金割引サービス開始

タイムズ24は、1月4日より名古屋第二赤十字病院の駐車場で、国内初となる診察券等のバーコードを活用した受診歴連動型の駐車料金割引サービスを導入した。

今回の駐車料金割引サービスは、診察券等のバーコードを精算機の読取機にかざすことで、駐車場料金を自動的に割引するもの。利用できるものは、診察券・予約票・領収書・薬袋・外来基本スケジュール・受付票。当日の利用が証明され、バーコードが付いていれば、何でも対応できる。

従来の診察券割引は、診察券を精算機に挿入することで病院の患者であることを確認し、一律に割引適用する仕組みだった。今回導入したシステムは、当日の受診歴(受診の有無)を参照し割引を適用する。バーコード読取機を利用することで、精算機への挿入により生じていたカード詰まりなどのトラブルが削減され、サービス向上につながると、タイムズ24では説明している。