元旦の不正改造車両等に対する取締り(1日2時・中央区)《撮影 中島みなみ》

国土交通省関東運輸局は4日、昨年12月31日から1月3日の年末年始にかけて「初日の出暴走」の不正改造車排除を目的とした特別街頭検査を実施し計38台に整備命令を発令したと発表した。

特別街頭検査は、自動車検査独立行政法人関東検査部、警視庁および各県警察本部と連携して(1)首都高速白魚駐車場=東京、(2)常磐道三郷料金所=埼玉、(3)県道173号大洗海岸=茨城、(4)中央道下り談合坂サービスエリア=山梨--の4ヵ所で実施。

四輪車42台を検査し、このうち違法な灯火器の取り付け、最低地上高不足などの不正改造が行われていた38台に整備命令書を交付し、改善措置を命じた。

保安基準不適合箇所の主なものは、違法な灯火器(灯火の色を含む)の取付が42件、最低地上高不足となる改造等の車枠・車体関係が31件、窓ガラス着色フィルムやステッカー貼付等の保安装置関係が26件、マフラー改造や触媒取り外し等の騒音・排ガス関係が24件となっている。

該当検査の模様(参考画像)