アウディR8の大幅改良モデル(R8 V10プラス)

アウディの米国法人、アウディオブアメリカは1月3日、米国で1月14日に開幕するデトロイトモーターショー13において、『R8』の2014年モデルを米国プレミアすると発表した。

R8はアウディのスーパーカーとして、2006年に誕生。2014年型はR8のデビュー以来、初の大幅改良モデルとなる。

ボディタイプは従来通り、クーペとスパイダーの2種類。外観では、フロントに新デザインのバンパーやLEDヘッドライトを採用。リアはLEDテールライトや新デザインのディフューザーが新しい。その一方、インテリアの変更点は、トリムの改良など最小限。

ミッドシップに搭載される直噴ガソリン自然吸気エンジンは、従来通り、4.2リットルV8と、5.2リットルV10。最大出力は、V8が430ps、V10が525psと変わらない。

変更を受けたのは、トランスミッション。従来の6速「Rトロニック」を、7速デュアルクラッチの「Sトロニック」に置き換えた。これにより、CO2排出量を最大で22g/km削減。0‐100km/h加速も0.03秒短縮している。

新グレードの「R8 V10プラス」は、2014年モデルのハイライト。シリーズの最高峰に位置付けられるクーペモデルだ。

5.2リットルV10エンジンは、最大出力を25ps引き上げて550ps、最大トルクは1kgm引き上げて55.1kgmを発生。0‐100km/h加速は3.5秒、最高速は315km/hと、世界屈指のパフォーマンスを実現する。

なおR8の2014年モデルは、米国では2013年春、納車がスタートする予定だ

アウディR8の大幅改良モデル(R8 V10プラス) アウディR8の大幅改良モデル(R8 V10プラス) アウディR8の大幅改良モデル(R8 V10プラス) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10) アウディR8の大幅改良モデル(R8スパイダーV10)