フォードモーターの米ミシガン州旧ウィクソム組み立て工場

米国の自動車大手、フォードモーターは1月4日、米国ミシガン州の旧ウィクソム組み立て工場跡地の一部を、米国ニューヨークに本社を置く大手不動産会社、Barrow デベロップメント社に売却すると発表した。

ウィクソム組み立て工場は、2007年に閉鎖。1957年に操業を開始した老舗工場で、リンカーン各車やフォード『サンダーバード』、『GT』などを生産してきた。

フォードモーターは工場跡地の土地の一部、239エーカーを今回、Barrow デベロップメント社に売却すると発表。Barrow デベロップメント社は2013年3月末までに、工場跡地の再開発に着手。オフィスや研究開発施設、住宅などを建設する計画だ。

フォードの不動産部門、フォードランドのドナ・インチ会長兼CEOは、「旧ウィクソム組み立て工場の売却と再開発計画は喜ばしい限り」とコメントしている。