ロン・デニス

マクラーレンのロン・デニス会長は、チームがどうしても望めばルイス・ハミルトンを引き止めることも出来たと裏幕を語る。

ハミルトンが2012年シーズンの終わりに新たなチャレンジをしたいとマクラーレンを去ったことで、13年間続いたチームとの蜜月関係は終わりを迎えた。ところがロン・デニスの説明によれば、このことはハミルトンの判断というよりも、マクラーレン側が条件闘争に応じることを望まなかったからだそうだ。

「世間の人たちに『ルイスがマクラーレンを去った』という表現はして欲しくないと私は思っている。諸般の事情からどうしても袂を分けねばならないことは多々ある。世の中は一方の側が何もかも決めるということはまずない。諸々の事情が合わさった末の結論なのだ」

「私が後悔していると言われることが多いようだが、私は現実主義者だよ。われわれの側にルイスとの関係を保つ条件を整えることは可能だっただろうか? 理屈の上ではイエスだ。だがそれは正しい決断だと言えただろうか? われわれはそうは判断しなかった」

デニスは、ハミルトンの将来のキャリアの発展を祈るが、マクラーレンがメルセデスAMGの後塵を拝するのは御免だとも語る。

「定められた契約期間が満了したなら、互いの道を妨げないのがプロフェッショナルな姿勢だ。われわれとしては彼にメルセデスAMGで大活躍をして欲しくはないが、これはライバル関係である以上、当然のことだ。だがその一方で彼の不幸を願っているわけではないということはハッキリ言っておきたいね」