ハミルトン、ベッテル、ウェーバー(2012年F1 インドGP)

レッドブル顧問のヘルムート・マルコは、2013年シーズンにマーク・ウェーバーはセバスチャン・ベッテルをサポートするナンバー2という立場が既定だという驚きの発言をしている。

2012年は、ベッテルが3年連続ドライバーチャンピオンとなる一方で、レッドブルもコンストラクターズタイトルを手に入れ、ウェーバーのタイトルランキングは6位だった。

両名がチームメートとなって以来、4年連続でベッテルが上位を占めた以上、次のシーズンも同じ状況が続くと考えるのは当然であるとマルコは言う。

「マーク(ウェーバー)はチームが何を求めているかを理解しているはずだ。過去4年間、ベッテルとウェーバーは共にわれわれのチームでドライブした。セバスチャンは1度だけタイトル2位に甘んじたが残りの3年はチャンピオンだ。この統計的事実がすべてを語っている。パワーバランスが今年になって急に変わると考える理由はないよ」

一方で、ウェーバー本人はつい先日、ベッテルの脇役に甘んじるつもりはないと語っている。

「セバスチャンは明らかに上り調子にあるし、3年連続チャンピオンである彼が、あらゆるドライバーのターゲットであり評価の基準であることは間違いない」

「チームが決めた役割は新しいシーズンを迎える僕の念頭にはない。僕は自分自身のためにレースをするし、最大限のリザルトを目指す。もちろん、そのためにはまず僕自身がチームの一員でなければならない。したがって、脇役に甘んじるのかと問われれば答えはノーだ」

マーク・ウェーバー(レッドブル F1 日本GP) レッドブル/マーク・ウェーバー(F1韓国GP2012) マーク・ウェーバー/レッドブル マーク・ウェーバー(レッドブル F1 日本GP) マーク・ウェーバー