日産・NV350キャラバン(参考画像)

日産の大型商用バン『キャラバン』は、2012年6月にフルモデルチェンジを受け、車名も『NV350キャラバン』と改めた。

発表会で日産の志賀俊之COOが「すべての点でライバル車に勝つということで相当気合いを入れて開発に取り組んだ」と語ったように、ここ数年、トヨタ『ハイエース』に押され下降していたセグメントシェアの奪回を目指しての全面改良だ。

ハイエースという明確なターゲットが存在するだけに、多くの面でライバルのスペックを上回ることを狙いに商品力の強化がなされている。

たとえば売れ筋の2リットルガソリンエンジンを搭載する5ナンバーサイズ上級仕様のキャラバン「プレミアムGX ロングボディ」とハイエース「スーパーGL ロングバン」(いずれもガソリンモデル)とを比較してみよう。

ボディサイズはキャラバンが全長4695mm × 全幅1695mm × 全高1990mmでハイエースより10mm高いのみでほぼ同寸だが、室内長50mm、幅5mmキャラバンが上回る。またリアサスの張り出しもキャラバンのほうが低く小さいなど、実際の使い勝手にも配慮。

パワートレーンはキャラバンがショートストローク(89mm × 80.3mm)タイプの「QR20DE」に対して、ハイエースはスクエアストローク(86mm × 86mm)の「1TR-FE」で出力はそれぞれ96kWと98kWで拮抗しているが、トランスミッションはキャラバンが5AT(ハイエースは4AT)を採用していることもあってキャラバンは9.7km/リットル、ハイエースは9.2km/リットルを差をつけた。また、この仕様ではキャラバンはエコカー減税(減税率75%)の対象となり、取得税と重量税が9万5600円優遇される。

商品力ではわずかにキャラバンが上回るが、長年の実績に裏打ちされた信頼性やブランド力はハイエースの強み。キャラバン対ハイエースの対決は今後も楽しみだ。

◆商品力を磨き上げて登場
11年ぶりのフルモデルチェンジ…189万4200円から
「ライダー」仕様も同時発売
累計受注台数1万1000台…月販目標の1.6倍

◆ライバル心をむき出し
志賀COO「すべての点でライバル車に勝つ」
ハイエースの牙城崩しシェア4割奪還めざす…志賀COO
広くて使い勝手の良い荷室空間

◆ハイエース vs キャラバン スペック/価格比較
10尺対応で差をつける…荷室編
550円の差に執念を見た…価格編
わずかな差でも大きなコスト差…燃費編
強力なライバルにも"王者"は動じず…見積もり編

◆パワートレーンと先進装備
クラストップの低燃費を実現できた理由
先進装備は「ワークユースに必要」

◆バンだからってデザインには手を抜かない
デザインテーマは「自慢の相棒」
クリーンなサイドビュー、マスクは押し出し感
お金をかけず"すっきり"なインテリアデザイン

◆バリエーションも順次拡大
ワイドボディ追加設定…荷室容量8400リットル
【福祉機器展12】日産、車いす4台収容可能なNV350キャラバンを出展
日産、NV350 キャラバンに「クロムギア パッケージ」を設定…1月23日発売

日産・NV350 キャラバン≪撮影 小松哲也≫ NV350 キャラバン ライダー トランスポーター 日産・NV350 キャラバン≪撮影 小松哲也≫ 日産・NV350 キャラバン 日産・NV350 キャラバン 日産・NV350 キャラバン 日産・NV350 キャラバン 日産・NV350キャラバン 日産 NV350 キャラバン ライフケアビークル チェアキャブ 日産 NV350 キャラバン ライフケアビークル アンシャンテ 送迎タイプ 日産・NV350キャラバン 日産・NV350キャラバン(参考画像) 日産・NV350キャラバン(参考画像) 日産・NV350キャラバン ライダー(参考画像) 日産・NV350キャラバン ファインビジョンメーター スピードメーター&タコメーター 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫