ヒュンダイの車載テレマティクス、ブルーリンク(参考画像)

韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)とグーグル(Google)は1月2日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)13における共同出展内容を公表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

ヒュンダイとグーグルは今回、米国向けヒュンダイ車に用意される車載テレマティクス、「ヒュンダイ・ブルーリンク」に、「グーグルマップ」のアプリケーションプログラム・インターフェースを内蔵すると発表。CES13において、そのシステムを初公開する。

グーグルマップのアプリケーションプログラム・インターフェースは、「APls」と呼ばれる。このAPlsには、グーグルマップのカーナビゲーション向け機能、「Send To Car」が含まれている。ヒュンダイ・ブルーリンクに内蔵することにより、音声による目的地検索では、グーグルの最新データベースを利用して、好みの店やスポットを素早く知ることが可能になる。

グーグルのTarun Bhatnagar氏は、「多くのドライバーが最新かつウェブベースのコンテンツにアクセスできるようになるのは、素晴らしいこと」とコメントしている。