フォード・フォーカス

米国の自動車大手、フォードモーターは2012年12月30日、フォードブランドの米国における2012年の新車販売台数が、200万台を突破したと発表した。

フォードブランドの米国新車販売が200万台に届いたのは、2年連続。同社によると、米国市場において2年連続で200万台に到達した自動車ブランドは、フォードが唯一だという。

販売好調の要因は、新型『フォーカス』。米国ではガソリン価格の上昇を受けた消費者の小型車シフトの波に乗り、販売を伸ばした。2012年のフォーカスの世界販売は、2012年9月末の時点で73万7856台。単一車種としては、世界最量販車に君臨している。

また、欧州を中心に、フォーカスの下に位置するコンパクトカー、『フィエスタ』の販売も好調。2012年1‐9月の同車の世界販売は、56万0061台に到達した。

フォードモーターのジム・ファーレイ世界営業担当副社長は、「フォーカスとフィエスタは、ワンフォード計画の成功の証。わずか3年で、我々は世界規模で小型車のラインナップを見直し、顧客に支持された」と述べている。

フォード フィエスタ