トヨタ クラウン 新型《撮影 松尾優樹》

トヨタ自動車は、1月2日から3日にかけて開催される第89回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に、新型『クラウン』をはじめとする同社の車を大会運営車として提供する。

同社は、学生陸上競技の振興を通じて次世代を担う若者の育成に貢献することを目的に、2003年第80回大会より一部の運営車両を提供するなど大会運営に協力してきた。また、2011年第87回大会からは、協賛社として各大学に配備される運営管理車20台ほか全ての運営車両を提供するとともに、運行ドライバーの派遣も行なっている。

新型クラウンは、2012年12月25日に発表されたばかり。正月の話題を集める箱根駅伝は、新型車をアピールする格好の場となった。

さらに、発表会でのサプライズ演出として登場したピンクのクラウンも大会運営車として登場。新型クラウン発表日でもある「12-25」ナンバーを付けたピンクのクラウンは、応援に訪れた観衆の注目を集めた。

トヨタ クラウン 新型《撮影 瓜生洋明》 トヨタ クラウン 新型《撮影 瓜生洋明》 トヨタ クラウン「ハイブリッド アスリート」《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン「ハイブリッド アスリート」《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン「ハイブリッド アスリート」《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」《撮影 太宰吉崇》