ヒュンダイ エクウスの改良モデル

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は、地元韓国において、同社の最上級サルーンの『エクウス』の改良モデルを発表した。

現行エクウスは2009年2月、韓国でデビュー。1999年に登場した初代モデルは、三菱自動車と共同開発され、三菱版は『プラウディア』を名乗っていた。

公用車としての需要が中心だった初代から一転、ヒュンダイは2代目エクウスを、グローバルな高級ドライバーズサルーンに位置付け。北米市場などにも投入され成功を収めている。

現行エクウスのボディサイズは、全長5160×全幅1900×全高1495mm。レクサス『LS460L』(5150×1875×1475mm)を上回り、メルセデスベンツ『S550ロング』(5205×1870×1485mm)に迫る堂々の大きさだ。搭載エンジンは3.8リットルV6(最大出力290ps)、4.6リットルV8(最大出力368ps)、5.0リットルV8(最大出力420ps)の3種類。

今回ヒュンダイは、現行エクウスのデビュー約4年を経て、初めての改良モデルを韓国で発表。外観はフロントグリルやヘッドランプ&テールランプ、アルミホイールなどのデザインを見直した。

インテリアは、レザーシートやダッシュボード中央の時計のデザインなどを変更。とくに後席の快適性の引き上げを重視。サスペンションを再チューニングし、荒れた路面での乗り心地を改善する。

改良が施されたエクウスは、韓国で発売された後、中国、米国、中東などの世界市場へ順次投入。ヒュンダイは、「ターゲットとする顧客の声を完璧に反映させた」と説明している。

ヒュンダイ エクウスの改良モデル ヒュンダイ エクウスの改良モデル ヒュンダイ エクウスの改良モデル