三菱 アウトランダー PHEV

三菱自動車が2013年1月24日に販売を開始するプラグインハイブリッド方式のSUV『アウトランダーPHEV』。JC08モード走行時の航続距離が60.2kmと長く、急速充電器によるクイックチャージにも対応するなど、ライバルとなるトヨタ『プリウスPHV』、ホンダ『アコードPHEV』と比べてもぐっとEV寄りのスペックを持つ。

そのアウトランダーPHEVの価格だが、事前にディーラーで予約を入れた顧客から“思ったより安い”という情報が発信され、話題となっていたが、果たしてスターティングプライスは消費税込みで332万4000円というものだった。24年度内であれば経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金が43万円受けられるため、ユーザーの実質支払額は289万4000円ということになる。

「新型アウトランダーPHEVの動力性能は、おおむね高出力型の3リットルないし3.5リットルV6エンジンを搭載した場合と同じくらい。価格面でもV6を買うくらいの気軽さで買ってもらえるような価格設定にしようと考えたんです」(三菱自動車関係者)

アウトランダーPHEVのバッテリーパックの総容量は12kWhと、本格電気自動車並みの大きさ。セルはバッテリー世界大手のGSユアサの手になるマンガン酸リチウムイオン電池で、ハイブリッドドライブに適するようチューニングは変更されているが、基本的には三菱自動車のEV『アイミーブ』用と同じものだ。

それだけ巨大なバッテリーを積んでいることを考えると、アウトランダーPHEVの価格設定は相当に安い。原価などはもちろん公開していないが、「利益よりもカスタマーに広く受け入れられることを重視した価格であることは事実」(三菱自動車関係者)という。経産省の補助金を受ける場合、6年間継続保有するという縛りがあるが、航続距離や充電待ちを気にすることなく本格EVを保有してみたいというユーザーにはうってつけのモデルと言えそうだ。

三菱 アウトランダー PHEV 【三菱 アウトランダー PHEV 発表】動力性能も価格もV6モデル並みのパーシャルEV 【三菱 アウトランダー PHEV 発表】動力性能も価格もV6モデル並みのパーシャルEV 【三菱 アウトランダー PHEV 発表】動力性能も価格もV6モデル並みのパーシャルEV