クラウン・アスリート(ダークレッドマイカメタリック)《撮影 内田俊一》

トヨタ『クラウン』がフルモデルチェンジし14代目に進化した。そのボディカラーは陰影感を引き立たせるよう創られている。

同社デザイン本部デザイン開発部カラーデザイン室の今泉香織さんは、「ロイヤルとアスリートの2つの世界観をより訴求するという方向で、カラーも開発しました」という。そして、「今回2つの新色を創りました。ひとつはロイヤルをイメージした“プレシャスシルバー”。そしてもう1色はアスリート向けの“プレシャスブラックパール”です」と述べる。

今泉さんは、「ロイヤル、アスリート(のいずれの新色)とも、陰影感をより強く高めるため、薄膜で光輝材を平滑にすることで、反射が凄く良くなります。そうした陰影感と、より滑らかさよって、それぞれの形状の世界観をカラーでも表現しました」。そして、「陰影感を強くするというのは、形状をより引き立たせるということになりますので、こういったことで今回は、新しい今までにない、陰影感と滑らかさを表現したカラーになっています」

また、新規設定色でダークレッドマイカメタリックを投入した。これは、「先代とは違う、より彩度が高く鮮やかなカラーで、特にアスリートの世界観を訴求するカラーになっています。インテリアの(アスリート専用色)テラロッサ(イタリア語で赤い土)という新色と合わせて見てほしいです」と話す。

最後に、それぞれの世界観について今泉さんは、「アスリートは、躍動感がありスポーティ。ロイヤルは、華やかさと高級感です。飛びすぎず、でも華やか」とし、「ロイヤルも“フラクセン”というアイボリー系の黄味よりのカラーを採用しました。特にファブリック仕様だと、緻密な仕上げが伝わると思います。実は、アクセントの形状のところでホワイトを使うなど、スリートーンでより華やかな仕上げとなっています」と語った。

クラウン・アスリート(ダークレッドマイカメタリック)《撮影 内田俊一》 クラウン・アスリート(テラロッサ)《撮影 内田俊一》 クラウン・ロイヤル(プレシャスシルバー)《撮影 内田俊一》 クラウン・ロイヤル(プレシャスシルバー)《撮影 内田俊一》 クラウン・ロイヤル(フラクセン)《撮影 内田俊一》