建設中のサーキット(F1 ロシアGP)

ロシアGP開催に向けて組織された準備団体が、ソチ・サーキットの建設が予定通り順調に進行中で、レースコントロール施設の建設が最終段階に差し掛かっていることなどを公表した。

2014年のGP初開催を目指すソチでは、同じ年の冬季オリンピックの複合施設内にレースサーキットを建設中だ。準備組織であるフォーミュラ・ソチ社からは、レースコントロール棟は完成間近でピット部分の内外装工事には来春から着手することが発表された。全長3.7マイル(6km)のコースも次第に形を成しつつある。

「オリンピック用の大型施設がいくつも完成していて、一部はすでに供用されています。モータースポーツ施設は今も建設工事の真っ最中です。サーキットの路面は基礎工事が進行中です。一部は下地舗装が施された部分もあります」

ヘルマン・ティルケ(F1サーキットデザイナー)はソチ・サーキットについてこのように語った。

「土木工事担当のオメガ社とフォーミュラ・ソチ社の協力を得てロシアGP開催への備えは着実に進みつつあります。工事はオリンピック関連工事と調整しながらすべて予定通りに進行していますよ」