25日午前11時ごろ、広島県東広島市内の国道432号を走行していた大型トレーラーの荷台に積載されていた鉄板25枚が対向車線側へ落下。うち15枚が対向車線を順走してきた乗用車を直撃した。この事故で乗用車に乗っていた男性2人が死亡している。

広島県警・東広島署によると、現場は東広島市河内町入野付近で片側1車線の緩やかなカーブ。大型トレーラーは1枚あたり約800kgの鉄板(直径3m、幅1.5m、厚さ2cm)を25枚積載していたが、カーブを進行した際にこのうち15枚が対向車線側に落下。うち数枚が対向車線を順走してきた乗用車を直撃した。

乗用車は大破。運転していた府中市内に在住する45歳の男性と、助手席に同乗していた59歳の男性は事故から約2時間後に救出されたが、まもなく死亡が確認された。警察はトレーラーを運転していた福山市内に在住する34歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。2人死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

鉄板は荷台に金属製ワイヤーで固定されていたが、ワイヤーは切れていたという。警察では積載方法に問題があった可能性が高いとみて、逮捕された男の勤務先からも事情を聞く方針だ。