BMW 5シリーズ(中国仕様)

米国の民間調査会社のJDパワー&アソシエイツ社は12月21日、「2012年中国自動車信頼性調査」の結果を公表した。ブランド別では、BMWが最も信頼性の高い結果となった。

調査は今回が3回目。新車購入から2-3年が経過した時点で、エンジンやトランスミッション、外装、シート、空調、操作系など、8カテゴリー202項目について、顧客に愛車の信頼性を尋ねている。JDパワー社は100台当たりの不具合件数を数値化(PPで表現)。その数値が少ないほど、信頼性が高いと結論づける。

調査は2012年6‐9月に聞き取り方式で実施。中国37都市在住の54ブランド147車種のオーナー、1万4127名から回答を得た。

ブランド別のランキングは以下の通り(100台当たりの不具合指摘件数、PPの少ない順にランキング)。

1:BMW(98PP)
2:広汽トヨタ(107PP)
3:メルセデスベンツ(113PP)
4:アウディ(117PP)
4:スバル(117PP)※同率
5:広汽ホンダ(140PP)
6:一汽トヨタ(142PP)
7:東風ホンダ(146PP)
8:東風日産(154PP)
9:長安マツダ(166PP)
9:シュコダ(166PP)※同率
10:一汽フォルクスワーゲン(174PP)
11:ビュイック(177PP)
12:Haima(179PP)
13:長安スズキ(180PP)
14:長安フォード(182PP)
15:Hafei(183PP)
16:東風キア(186PP)
16:Zhonghua(186PP)※同率
17:上海フォルクスワーゲン(189PP)
17:天津一汽(189PP)※同率
18:Roewe(190PP)
19:一汽マツダ(192PP)
20:東風プジョー(195PP)

BMWが98PPと優れた信頼性を示して1位。今回の調査で100PPを下回る唯一のブランドとなり、顧客から高い信頼性を得ていることを裏づける。

また、日系ブランドでは、トヨタ、ホンダ、日産の中国合弁が上位にランキング。スバルも4位に食い込んだ。ただし、この調査の時期は主に、日本政府の尖閣諸島国有化の発表以前なので、それを考慮する必要がありそう。

BMWと並んで、中国で人気のプレミアムブランドでは、メルセデスベンツが3位、アウディが4位という結果。一方、中国でGMとシェアナンバーワンを争うフォルクスワーゲンは、第一汽車との合弁が10位と健闘したが、上海汽車との合弁は17位と、下位に沈んでいる。