アウディの主要ラインナップ

アウディのドイツ本社は12月27日、2016年までの5年間に、総額130億ユーロ(約1兆4800億円)を投資すると発表した。

今回の大型投資は、アウディが掲げる2020年成長計画の一環。130億ユーロのうちのおよそ105億ユーロ(約1兆1950億円)を、新型車の開発関連に投資。軽量構造やEVパワートレイン、ガソリン&ディーゼルエンジンの開発にも投資する。

具体的には、80億ユーロ(約9100億円)を、ドイツ国内のインゴルシュタットとネッカースウルムの2工場に投資。2013年に完成予定のハンガリー新工場の拡張工事にも利用する。さらに中国においては、2014年初頭に広東省佛山市に新工場を稼働。2016年に生産を開始する予定のメキシコ新工場の稼働にも備える。

アウディは2020年までに、年間世界新車販売台数を200万台以上へ引き上げ、プレミアムブランドの販売第一位を目指す方針。アウディのアクセル・ストロットベックCFO(財務担当取締役)は、「成長計画の実現に向けて、大型投資を続けていく」とコメントしている。