三菱 ランサー(日本名:ギャランフォルティス)

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは12月20日、米国IIHS(道路安全保険協会)が実施した衝突テストにおいて、『ランサー』(日本名:『ギャラン フォルティス』)が、最高評価の「2013トップセーフティピック」を獲得したと発表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで行われる。そして、ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというもの。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと横転を想定したルーフ強度テストも実施。総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック」に認定し、安全性能を重視して車選びをする消費者に参考情報を提供している。

三菱ギャラン フォルティスのテスト結果は、前面衝突では頭/首/胸/左足/右足と、全ての部位への傷害レベルが最小限。GOOD(優)評価と認定された。

同様に側面衝突も、運転席のダミー人形、後席のダミー人形ともに、頭、首、胸、足と全ての部位へのダメージが最小限。GOOD(優)評価となった。ボディの安全構造に関しては、前面衝突がGOOD(優)、側面衝突がACCEPTABLE(良)。

追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストも、GOOD(優)。その結果、ギャラン フォルティスは総合評価が最高のGOOD(優)となり、トップセーフティピックの指定を受けた。

三菱モータースノースアメリカは、「すでに発売から6年が経過したが、この小型セダンの安全性は今なお最高レベル」とコメントしている。