新型アルティマ≪撮影 小松哲也≫

日産自動車が2012年8月、米国市場に投入した主力ミドルセダン、新型『アルティマ』。同車が、トヨタやホンダの顧客を奪っている実態が判明した。

これは日産自動車の米国法人、北米日産が明らかにしたもの。同社の発表によると、新型アルティマの顧客のおよそ25%は、トヨタ車とホンダ車からの乗り換えだという。

新型アルティマには、2.5リットル直列4気筒ガソリンの「QR25型」エンジンを搭載。最大出力は182psを引き出し、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地11.48km/リットル、高速16.16km/リットル、複合モード13.18km/リットル。ガソリンエンジンを積むミッドサイズカーとしては、米国で最も優れた燃費性能がセールスポイント。

また北米日産によると、新型アルティマの顧客の11.6%は、プレミアムブランドからの代替で占められたとのこと。北米日産は具体的なブランド名を明かしていないが、レクサスやホンダのアキュラも含まれると推測される。

アルティマの2012年の米国新車販売台数は、12月中旬の時点で2007年の28万4762台を上回り、年間販売記録を5年ぶりに更新することが確定。また1993年に登場した初代からの累計販売台数は、400万台に到達している。

新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 日産アルティマ新型