GMとタカタが共同開発したフレキシブル ベンティング エアバッグ

米国の自動車最大手、GMは12月18日、シボレーブランドの小型セダン、『クルーズ』の2013年モデルに、自動車用としては初となる新型エアバッグを採用すると発表した。

この新型エアバッグは、日本のタカタ(TAKATA)と共同開発。「フレキシブル ベンティング エアバッグ」と命名されている。

エアバッグは、事故などで車両が衝撃を受けた際、インフレーターを使用してエアバッグを展開。GMは従来、「2ステージ」と呼ばれるエアバッグを採用してきた。これは、低速時の衝突事故と高速時の衝突事故用に、2種類のインフレーターを装備し、エアバッグの展開スピードを変えるというシステムだ。

今回発表された新型エアバッグは、「フレキシブル ベンティング」技術を導入することで、低速用と高速用のインフレーターを1種類でまかなうのが特徴。これにより、高い安全性を維持しながら、エアバッグシステムのいっそうの小型軽量化を可能にした。GMは、「自動車用としては初」と胸を張る。

またGMによると、フレキシブル ベンティング エアバッグでは、1種類の展開スピードでも、高い乗員保護性能が確認できたという。実際、2013年モデルのクルーズは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の衝突テストにおいて、従来モデル同様、5つ星の最高評価を獲得する。

GMの安全担当責任者、ガイ・ケント氏は、「この新型エアバッグ技術は、事故の衝撃を和らげるスマートな方法」とコメントしている。