GMの仏ストラスブール工場製の6L45型トランスミッション

米国の自動車最大手、GMは12月21日、フランスのパワートレイン工場を、ベルギーに本拠を置くパンチメタルズ社に売却すると発表した。

GMのフランス・パワートレイン工場は、フランス北東部のストラスブールに位置。パンチメタルズ社は同工場のエンジニアリングセンター、鋳物工場、全従業員などをGMから引き継ぐ。

また、トランスミッション製造大手、ZF社が、ストラスブール工場からトランスミッションを購入することでも合意。パンチメタルズ社は同工場に投資を行い、製造ラインを改修。生産能力の引き上げを図る。

GMは2013-2014年度まで、ストラスブール工場からトランスミッションを引き続き導入。ZFが同工場の製品を本格的に購入するまで、同工場の稼働率の維持に努める計画だ。

なお今回のGM、パンチメタルズ、ZFの3社合意は、2013年初頭に正式契約が締結される予定である。