VIAモータースのVトラック(参考画像)

米国のEVベンチャー、VIAモータースは12月20日、2013年1月に米国で開催されるデトロイトモーターショー13において、新型EVを初公開すると発表した。

VIAモータースは、市販車をベースにEV改造を行う米国のベンチャー企業。元GM副社長で、シボレー『ボルト』の開発を主導したボブ・ラッツ氏が、アドバイザーとして参画していることでも知られる。

同社は前回のデトロイトモーターショー12で、一気に3台のレンジエクステンダーEV、「eREV」シリーズを初公開。大型ピックアップトラック、大型SUV、大型バンという3種類のEVだった。2013年のデトロイトモーターショー13でも、新型EVをワールドプレミアする。

新型EVのネーミングは、『X-トラック』。高性能な大型4WDピックアップトラックで、パワートレインは走行用モーターを基本に、発電専用エンジンを備えたレンジエクステンダーEVとした。

現時点でX-トラックについて公表されているスペックは、最大出力が800psということのみ。画像も未公表だ。また、ベース車両が何になるかも、明らかになっていない。