23日午後3時ごろ、香川県多度津町内にあるJR多度津駅で、駅前ロータリーを進行していた軽乗用車が暴走。駅舎正面に突っ込む事故が起きた。クルマは入口付近の支柱に衝突。近くにいた男性が負傷している。

香川県警・丸亀署によると、現場は多度津町栄町3丁目付近。軽乗用車は多度津駅前のロータリーへ進入した直後に暴走。そのままJR多度津駅の駅舎に衝突した。

クルマは駅舎正面の支柱に衝突。支柱の裏側にある待合室にいた70歳の男性が弾き飛ばされ、打撲などの軽傷。クルマに同乗していた58歳の女性も打撲などの軽傷を負った。警察ではクルマを運転していた64歳の男性から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いている。

調べに対して男性は「別のクルマに接触したことで気が動転して、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。