新型トヨタ アバロンのQi ワイヤレス車載充電システム

トヨタ自動車が北米市場で発売している大型セダン、『アバロン』。同車の新型に、自動車としては世界で初めて、携帯電話などがワイヤレス充電できる「Qiワイヤレス車載充電システム」が用意されることが分かった。

これは12月19日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。2013年モデルのアバロンの「リミテッド」グレードに、世界初のQiワイヤレス車載充電システムをオプション設定すると告げられている。

Qi(チー)とは、WPC(Wireless Power Consortium)が定めるワイヤレス充電の国際標準規格。トヨタのQiワイヤレス車載充電システムの場合、スマートフォンやゲーム機などをセンターコンソールに置いておくだけで、充電が行える。充電器との配線による接続は不要。

トヨタのQiワイヤレス車載充電システムは、デンソー(DENSO)が開発。現時点で、34種類のスマートフォンに対応する。オプション設定されるのは、新型アバロンのリミテッドグレードの、ガソリン/ハイブリッド両仕様だ。

新型アバロンの開発責任者、ランディ・ステファンス氏は、「ワイヤレス充電は、顧客の利便性を引き上げるのに重要な特徴装備になる」とコメントしている。

新型トヨタ アバロンのQi ワイヤレス車載充電システム トヨタ アバロンハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 トヨタ アバロンハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 トヨタ アバロンハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 新型アバロン ハイブリッド