トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》

豊田章男社長は12月25日に東京で開いた発表会で、新モデルに試乗した後、最初に開発陣に伝えた感想が「”ゼロクラウン”を超えた」だったと話した。

「ゼロ」は2003年に発売、顧客層を広げた歴代でも革新的とされた人気モデル。豊田社長は「最後の最後まで開発陣が妥協を許さなかったデザイン、さらに走りへの徹底的なこだわり」によって、ゼロクラウンの革新性を超えたと評価している。

斬新なデザインを可能にしたことについては「日本の優秀な生産技術」の存在を指摘。「このクルマは日本でしかできない」と言い切り、複雑な車体デザインでも量産化を可能にした生産技術部門を讃えた。

さらに、新型クラウンは「日本のクルマ市場の活性化と、日本のモノづくりを死守するうえでも底力が試されるモデル」とし、クラウンを販売するトヨタ店(一部地域はトヨペット店)とともに「市場活性化に取り組みたい」と強調した。

トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン 発表会での豊田章男社長《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」《撮影 太宰吉崇》