トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG《撮影 太宰吉崇》

トヨタ自動車が12月25日に全面改良して発売した新型『クラウン』は、フロントマスクが大きく様変わりした。しかし14代目の開発責任者を務める山本卓氏は「デザインで時間かけて造ったのはサイド。サイドビューが一番きれい」と語る。

山本氏は「先代はキャラクターがウェッジシェイプなので、後ろにいくと上がっている。結果として何が起こるかというと尻高感が出る。それをまた『マジェスタ』に使うとどんどんお尻が上がって見えてしまう。販売店からはもっと水平にしてくれと言われていた」と明かす。

こうした現場の声を踏まえ「水平にするために、まずラインをどうやって通すかが重要になった。サイドのデザインに最も時間をさいた。サイドがきれいに仕上がってからフロントとリアを造った」とした上で、「だから一番きれいなのは、本当はサイドビュー。サイドのBキャラクターの通り方、面の入り方が一番きれいです。全幅を(先代の)1795mmから1800mmにして、片側2.5mmずつ出した。それが結構効いている。デザインは1mm単位で変わりますから」と山本氏は強調した。

トヨタ クラウン ハイブリッド アスリート《撮影 太宰吉崇》 トヨタ 新型クラウン 発表会≪撮影 小松哲也≫ トヨタ 新型クラウン 発表会≪撮影 小松哲也≫ トヨタ 新型クラウン 発表会≪撮影 小松哲也≫ 山本卓チーフエンジニア≪撮影 小松哲也≫ トヨタ 新型クラウン 発表会≪撮影 小松哲也≫ トヨタ 新型クラウン 発表会≪撮影 小松哲也≫ トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG《撮影 太宰吉崇》 トヨタ クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG《撮影 太宰吉崇》