トヨタ クラウン ロイヤル 新型《撮影 瓜生洋明》

開発を担当した製品企画本部の山本卓チーフエンジニアは、フロント部のデザインについて「最初は何じゃと思われるかもしれないが、時間とともに良いと感じていただけるようになる」と、大変貌にも自信を示す。

14代目を数えたクラウンについて、山本氏は「伝統あるクルマだからこそ大胆に変えなければと考えた。形骸のみを引き継ぐと革新はできない」とし、「新たな革新への挑戦」を新モデルのキーワードにしてきた。

フロントデザインは、その革新の象徴ともなっているが、「社内でも最初に見た人からは『ここまでやるのか』という声が少なくなかった。しかし、2度、3度と見てもらううちに評価は上がった」と振り返る。アスリートの“稲妻ライン”については「とくに車体色が黒だと、不思議なほどにデザインが収まるんです」と満足している。

トヨタ クラウン アスリート 新型 トヨタ クラウン ロイヤル 新型 トヨタ クラウン アスリート 新型 トヨタ クラウン ロイヤル 新型