スマート・フォーツー エレクトリックドライブ

メルセデス・ベンツ日本は、スマート『フォーツー エレクトリックドライブ』の納車を開始した。

同社試乗会において、商品企画・マーケティング部製品広報課の嶋田智美さんは、「5月にガソリンモデルのフェイスリフトを行い、それと同じタイミングで予約受付を開始しました。デリバリーは年末から始まり、予約は春先の生産枠まで埋まっている状況です」と話す。

スマート電気自動車の、そもそものヒストリーについて嶋田さんは、「スマートというクルマ自体が、コンセプトの時点から常に電気自動車を前提に可能性を模索してきたモデルです」とし、「2007年に第1世代がロンドンで公道実験を行い、第2世代は日本を含む18か国で公道実験を行いました。そして今回第3世代として、パフォーマンスや航続距離で大きな進化を遂げ、初の市販車として発売されたのです」と述べる。

また、「ダイムラーの考えるモビリティのポートフォリオでは、長距離、中距離、短距離といったそれぞれの走行パターンにおいて、必要とされる環境性能、及び航続距離といったようなものは異なります」という。そして、「それらに単一で答えることが出来るドライブトレインは、現在のところ燃料電池といわれていますが、市販レベルではまだ実現できていません」。この問題に対してダイムラーの回答は、「複数のドライブトレインを状況によって使い分ける、モビリティのポートフォリオという考え方を提案しており、このポートフォリオで、電気自動車は都市交通において重要な役割を果たしているのです」と語った。

スマート・フォーツー エレクトリックドライブ スマート・フォーツー エレクトリックドライブ スマート・フォーツー エレクトリックドライブ スマート・フォーツー エレクトリックドライブ《撮影 内田俊一》 スマート・フォーツー エレクトリックドライブ《撮影 内田俊一》