メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》

メルセデス・ベンツ日本から導入が開始されている、『CLSシューティングブレーク』は、デザインをはじめ、装備や安全技術など、全てに欲張ったクルマだという。

同車試乗会において、商品企画・マーケティング部製品広報課の嶋田智美さんは、「CLSシューティングブレークの特別な専用装備として、designoウッドフロアを設定しています」という。これは、「ラゲッジスペースにウッドを敷き込んだもので、アメリカンチェリーウッドと、スモークドオークウッドの2種類の高級木材を組み合わせています。とてもストライプが美しく、クルーザーの(デッキの)ようだとよく表現をされますが、そのようなラゲッジスペースの設定があります」と述べる。

また、「レーダーセーフティパッケージを全車に標準装備しています。これは衝突の危険性を回避するほか、例えばディストロニックプラスにより、先行車との車間距離を適切に保ってくれますので、高速のクルージング時や、渋滞時に非常に快適なドライブを実現してくれるという機能もあります」と話す。

嶋田さんは、「このようにCLSシューティングブレークはスタイリングだけではなく、機能性、安全性といった、全てに欲張ったクルマということが出来ます」といい、「『CLSクーペ』は、“4ドアクーペ”というジャンルを生み出したクルマです。そして、シューティングブレークで再びスポーツクーペツアラーという新しい世界を開拓していきます」と語った。

メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS350ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク《撮影 内田俊一》