米IIHSが実施した新型フォルクスワーゲンパサートの衝突テスト

米国IIHS(道路安全保険協会)は12月20日、フォルクスワーゲンの新型『パサート』を「2013トップセーフティピック」に認定すると発表した。

新型パサートは、北米向け主力ミドルセダン。日本や欧州向けのパサートよりも、ひと回り大きな専用ボディを持ち、米国で現地生産されている。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

今回からIIHSは、前面オフセット衝突テストに「新スモール・オフセット」と呼ばれる新方式を追加。フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつける。これは、実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。

新型パサートのテスト結果は、従来方式の前面衝突ではダミー人形の頭/首/胸/右足/左足と、全ての部位への傷害レベルが最小限。GOOD(優)評価と認められた。

側面衝突でも、運転席のダミー人形の頭、首、胸、足と全ての部位への傷害レベルが最小限。後席も全ての部位へのダメージが少なく、 GOOD(優)評価。ボディの安全構造についても、前面衝突、側面衝突ともにGOOD(優)評価を獲得する。

一方、新スモール・オフセットテストでは、ダミー人形の頭、首、胸、足と全ての部位への傷害レベルが最小限。しかし、衝突時にステアリングコラムが120mm右側に動いたため、エアバッグの効果がフルに発揮されていないと指摘され、ACCEPTABLE(良)評価となった。

また、追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストは、GOOD(優)。この結果、新型パサートは総合評価が最高のGOOD(優)となり、IIHSは2013トップセーフティピックに認定している。

米IIHSが実施した新型フォルクスワーゲンパサートの衝突テスト 米IIHSが実施した新型フォルクスワーゲンパサートの衝突テスト 米IIHSが実施した新型フォルクスワーゲンパサートの衝突テスト