トヨタ自動車がCES13で初公開するレクサスのロボットカー

トヨタ自動車は12月20日、米国ラスベガスで2013年1月に開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)13の出展内容の一部を公表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

トヨタは2013年のCESにおいて、『アドバンスド・アクティブ・セーフティ・リサーチ・ビークル』を初公開。同車の詳細は現時点では公表されていないが、自動運転技術を搭載した、いわゆる「ロボットカー」になるという。

ロボットカーは、交通事故による死傷者を減らす目的で、グーグルが実用化を目指しているのが有名。自動車メーカーでは、フォルクスワーゲングループ傘下のアウディ、BMWグループ、メルセデスベンツ、GMなどが研究開発を進める。

今回のCES13では、米国トヨタ販売のレクサス担当、マーク・テンプリン副社長が、トヨタのロボットカーのプレゼンテーションを担当。このことから、トヨタのロボットカーは、レクサスブランド車になる可能性が高い。

なおトヨタは、ロボットカーの予告画像を1点公開。ルーフに装着されたカメラやGPSアンテナなど、ロボットカーならではのアイテムが確認できる。