メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》

メルセデス・ベンツ日本が導入を開始している『CLSシューティングブレーク』はスポーツクーペツアラーという新たな解釈が加えられたモデルであるという。

同車試乗会において、商品企画・マーケティング部製品広報課の嶋田智美さんは、「シューティングブレークの名称は、1960年代、ヨーロッパの貴族が趣味として狩猟しており、そのための道具を載せるラゲッジスペースを、クーペのボディと組み合わせたことに由来しています」と述べる。そして、CLSシューティングブレークは、「この伝統を踏襲しつつも、我々はスポーツクーペツアラーとして、新たな解釈を加えたモデルとなっています」という。

その最大の特徴はスタイリングだ。「サイドビューは、『CLSクーペ』の流麗なルーフラインを残しながら、力強いキャラクターラインとの相乗効果によって、エレガントさとダイナミズムを両立しています」。また、「CLSの特徴であるハイパフォーマンスヘッドライトや、リアコンビネーションランプといった独創的なデザインも非常に際立っており、存在感のあるスタイリングとなっています」と述べる。

インテリアは、「CLSクーペと同様にメルセデスらしい上質な室内空間を構成していますが、リアシートがクーペと違います。クーペは独立の2座シートとなっているのに対し、シューティングブレークは、3名が座れるシートとなっているのです」。また、「ルーフラインが後方まで伸びたことにより、サイドウインドウも大きくなり、ヘッドスペースにも余裕が生まれています」とその特徴を語った。

メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・CLS 350ブルーエフィシェンシーシューティングブレーク《撮影 内田俊一》