スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》

軽自動車の定番商品『ワゴンR』は、これまでに比べてモデルチェンジのサイクルを繰り上げてきた。開発期間の短縮にもかかわらず、大幅な軽量化や新機構・新技術の採用で低燃費を実現するなど、意欲的なクルマに仕上げられている。

外観デザインは従来のモデルとほとんど変わらない。ひと目見ただけでは新しいモデルなのかどうかが分からず、デザイナーが本当に仕事をしたのだろうかと疑いたくなるくらいにキープコンセプトである。良く見れば分かるとは言うものの、新旧モデルを見分けるのは、まるで間違い探しのパズルでも解くかのようだ。

外観に比べるとインテリアデザインはそれなりの変更感があり、開放感を演出するとともに温かみを感じさせるデザインが採用されている。FXリミテッドは本革巻きステアリングホイールやシルバーの加飾などによって質感の高さも表現した。

基本パッケージングは従来のモデルと変わらず、大きく開いて乗降性の良いドアや後席空間の広さなど、これまでのワゴンRが持つ長所はしっかり継承している。

走りはグンと良くなった印象だ。アクセルを軽く踏んで走り出すと、スーッという滑らかな走りを見せるからだ。アクセルを踏みすぎる必要もなくスムーズに走り出すのは、ボディが軽くなったことが大きいのだろう。結果としてエンジンの回転数が低く抑えられるので、静かな走りも得られる。

ボディ各部の軽量化は、振動や騒音の面では不利になる要素なのだが、遮音材や制振材の効率的な配置によって振動・騒音性能も軽自動車としてまずまずの水準にある。加速時には騒音レベルが高まるが、日常ユースの範囲内では不満は生じない。

操縦安定性については注文を付けたい。従来のモデルではFXに設定がなく、FXリミテッドには標準装備されていたフロントのスタビライザーが、今回のモデルでは共に設定なしに変わったからだ。

これによって直ちに操縦安定性のレベルが大きく下がるというほどではないし、そこそこまとまった感じの足回りではあるのだが、スタビライザーが装備されていれば更に良くなったであろうことは容易に想像される。

ワゴンRスティングレーには、ターボ車だけでなく自然吸気エンジンの搭載車にもスタビライザーが装着されているのだから、本当ならワゴンRにも装着が必要ということだろう。

燃費を考慮してエコ性能を追求したタイヤが装着されていて、空気圧もそこそこ高めの設定なのだが、その割にはゴツゴツ感のない走りになっていた。このあたりはうまくチューニングされている。

今回のワゴンRには減速中に時速13kmにまで速度が落ちるとエンジンが停止する新しいアイドリングストップ機構が採用された。普通に停車しようとすると、停車する寸前にエンジンが止まる感じだ。

走行中にエンジンが止まる方式は、既に『スマート』や『ミライース』なども採用されている。ワゴンRではエンジンを止める速度がより高くなった。アイドリングストップ機構は止める時間が長ければ長いほど燃費が良くなる方向に向かうから、これは基本的に良い仕様だ。

ただ、状況によっては不満が生じるシーンもある。信号待ちで停車しようとしたとき、じんわりと停車しようとすると、時速13km以下に落ちたときにまずエンジンが停止する。そこで完全に停止するときのショックを小さくしようとしてブレーキを緩めると、エンジンが再始動してしまうことがある。

そのまま停止すると再びエンジンが止まり、すぐに信号が変わるとまた再始動して走り出すことになり、ちょっとわずらわしく感じられるシーンもあった。

このほか、主に減速時にエネルギー回生による発電をして、それをリチウムイオン電池にためて必要なときに使うエネチャージや、蓄冷体を凍らせることでアイドリングストップ時間を延長するエコクールなど、いろいろな新技術がワゴンRに採用されている。

その結果としてFF車で28.8km/リットルの低燃費を実現したのはすごい。27.8km/リットルにとどまる4WD車を含めて全車がエコカー減税で免税の対象になっている。

このように走りや装備、仕様などが大きく向上した割に、新型ワゴンRの価格はやや上昇したものの競争力のある水準に抑えられた。けっこう魅力的なクルマである。あえてもうひとつ注文を付けるなら、ホンダの『N BOX』と同じように、全車に横滑り防止装置のESPを標準装備して欲しいところだった。

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》 スズキ・ワゴンR《撮影者 松下宏》