ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》

ダイハツ『ムーヴ』が大幅なマイナーチェンジを行い、安全装備の充実とともに、内外装も変更された。

そのインテリアについて、同社デザイン部デザイン室プロダクトデザイングループの福田学さんは、「センターメーターを通常の位置に戻し、登録車からのダウンサイザーの方も、違和感のないようにしました」と述べる。また、「メーターを移設するので、インパネ全体を少し整理しました。これは、より広く、かつ上質に見えるようにと、機能をセンターコンソール周囲に集約して、使いやすさと広々感を出すのが目的です」という。

その結果、「オープントレイを4か所設けることが出来、使いやすさが向上しました。通常のふた付きのグローブボックスも助手席の前にあり、その上にあるオープントレイはティッシュボックスがそのまま入って、手を伸ばせばすっと出せます。女性の使用も多いことからユーティリティの向上も図っているのです」と話す。

「カスタムのセンタークラスターはピアノブラックとシルバーの加飾により、コントラストが付き上質感を狙いました。メーターもブルーの色調で、3眼メーターはメッキリングでくくり、上質感、高級感を狙っています。これにプラスして使いやすさがインテリアのテーマなのです」と語った。

ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》