ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》

ダイハツ『ムーヴ』がマイナーチェンジし、安全装備などの充実とともに、内外装も一新した。

同社デザイン部デザイン室プロダクトデザイングループの福田学さんによると、ムーヴカスタムのフロント周りは、「Aピラーからボンネットを抜けて、バンパーへつながる特徴的なキャラクターラインや、ウインカーやフォグランプ周りのキャラクターラインなど、線使いを大きくして個性を出そうとしています」と述べる。

それに合わせて、「ヘッドランプの中のエクステンションの造形も、特徴的な形を持たせ、かつ、ロービームが2連、ハイビームがその内側に入ることで、トータル6連に見えるように、かなり立派な顔にしています」という。また、「その間を大きなメッキグリルでつなぎ、フォグの周りもメッキベゼルと、ウインカーもL字型に配して低くワイドに見えることを狙いました」とその目的を語った。

ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》