トーヨータイヤブース(イメージ)

東洋ゴム工業の国内販売子会社であるトーヨータイヤジャパンおよびニットージャパンは、2013年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される、「東京オートサロン 2013」にブースを出展する。

トーヨータイヤブースでは、PROXES次世代コンセプトタイヤを装着した『SCION FR-S(86の北米仕様車)』やPROXES T1 Sport SUVを装着したレンジローバー『イヴォーク』など、最新のドレスアップカーを展示。また、TRANPATH次世代コンセプトタイヤも展示し、ミニバンユーザーに対してもTRANPATHブランドの訴求や新商品への期待感を高める。このほか、ブース来場者に対して、実際に車両が走行する感覚をイメージできるよう、音楽・映像・光を駆使した「疾走感」漂うスタイリッシュでハイパフォーマンスな世界観を訴求する。

ニットーブースでは、11月に新発売したコンフォートタイヤNT830のプロモーションビデオの上映や、走行中の音をヘッドフォンで聴き、静粛性の高さを体感できるコーナーを設置する。車両はNT830を装着したBMW『5シリーズ』とフラッグシップタイヤINVOを装着したポルシェ『カイエン』を展示し、クールなイメージを演出する。

このほかブース内や展示車両横にはAR(拡張現実)マーカーを設置。来場者のスマートフォンに装着タイヤの画像や映像を映しだす試みも実施する。

ニットータイヤブース(イメージ)