日産ノート

日産自動車が発表した2012年11月の国内生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比10.9%減の39万4772台となり、3か月連続の前年割れとなった。

海外生産は、同6.8%減の30万1165台。反日感情の高まった中国では、43.3%の減少となった。国内生産は、主に昨年の震災後の増産の反動による台数減により、同22.1%減の9万3607台と前年実績を下回った。

グローバル販売は、同6.8%減の38万1018台と前年実績を下回った。

国内販売は、同15.2%減の4万6480台。登録車では、新型『ノート』と『NV350キャラバン』が好調だったものの、それ以外のモデルが台数減となり、同12.2%減の3万4645台と前年実績を下回った。

海外販売は同5.5%減の33万4538台と前年実績を下回った。中国での販売は、同29.9%減の7万9473台と大きく落ち込んだ。

輸出は、同35.9%減の5万803台と前年を大きく下回った。主力の北米向けが同23.5%減の3万52923台と不振だった。

日産・NV350 キャラバン≪撮影 小松哲也≫ 日産『ノート』