ダイハツ・ムーヴ 《撮影 内田俊一》

12月20日、ダイハツ工業の主軸軽乗用車『ムーヴ』のマイナーチェンジ発表会見が行われた。その中で堀伸介取締役は、今後発表されるダイハツの車両すべてに「スマートシステム」を搭載する構えであると明らかにした。

今回のマイナーチェンジによりムーヴに搭載された「スマートシステム」は、低速域(約4〜30km/h)で走行中、レーザーレーダーにより前方車両を認識。衝突の危険性が高い場合に運転手に警告するシステムであり、最終的には緊急ブレーキが作動する仕組みだ。

ムーヴは、本来高価である支援システムを5万円という低価格で実装しており、先に行われた発表会見で堀伸介取締役は「低燃費・低コストが魅力の軽乗用車であるが、メインユーザーの女性や老人に向け、安全性も重視していきたい」とし、「今後発表されるダイハツ車両のすべてにスマートシステムを搭載していきたい」と説明した。

ダイハツ工業・伊奈功一社長《撮影 小松哲也》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》