マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》

マツダは、11月20日に発売した新型『アテンザ』の累計受注台数が12月20日時点で、月間販売計画1000台の7か月分を超える約7300台に達したと発表した。

新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車が受注台数の76%を占め、ガソリンエンジン搭載車では2.5Lエンジン車が11%、2.0Lエンジン車が13%となっている。

また、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を装備した車は、受注台数の内、69%(パッケージオプション装着車を含む)を占めている。

ボディタイプ別ではセダンが54%、ワゴン46%。本革シート仕様の内装は47%(ブラック32%、ホワイト15%)が選ばれている。

なお、購入者の主な好評点は「美しく、躍動感のあるエクステリアデザイン」「ガソリン4.0L V8エンジン並みのトルクを発揮する新世代クリーンディーゼルエンジン」「SKYACTIV技術、減速エネルギー回生システム等による走りと環境/燃費性能の両立」など。

マツダ・アテンザ《撮影 内田俊一》