コスモ石油、オートリース事業

コスモ石油は、2010年12月からスタートしたオートリース事業「コスモビークルリース」の累計販売台数が、2012年11月末に3000台を突破したと発表した。

同社では、顧客に対するカーライフの「便利・安心・お得・楽しい」の実現を掲げて「コスモスマートビークル」を展開している。

この中核商品であるコスモビークルリースは、コスモ石油のサービスステーションで、車両代金、車検やタイヤ交換などのメンテナンス費用、税金・諸費用の支払いを含めて「コミコミ定額」で提供しているのに加え、ガソリン・軽油などの燃料油が割引になる商品特性が支持され、3000台を達成したとしている。

コスモ石油では今後もコスモスマートビークルを積極的に展開していく。