ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》

ダイハツ工業は、軽自動車『ムーヴ』を大幅改良し、12月20日より発売した。

今回のマイナーチェンジのポイントのひとつにデザインがある。「クルマそのものの基本性能が、軽からひとつ上のランクに行ったので、そこをデザインでもアピールしています。新しい軽の枠を超えた、そういう存在感のあるものにしようとデザインしました」と述べるのは、同社デザイン部デザイン室プロダクトデザイングループの福田学さん。

そして、ムーヴカスタムは、「存在感、プレミアム、先進をテーマに、特に一目でわかるフロントの存在感を、登録車に負けないように与えました」。また、「本来ダイハツの“カスタム”が持っていた強さみたいなところを取り戻どそうとデザインしています」

その理由を福田さんは、「マイナーチェンジ前のモデルは、どちらかというとカスタムらしさというよりは、標準車の上級グレードという位置づけでしたが、今回は、よりカスタムらしさというところを強調したデザインにしたのです」。そのカスタムらしさとは、「沢山あるクルマの中でも、キラッと光る存在感を持っているのがカスタムです」とし、新型は、「大きなメッキのグリルを使ったり、ヘッドランプもかなりこだわってデザインしました。軽ガソリン車として初めてLEDヘッドランプを使っています」と話す。

さらに特徴的な意匠として、「グリルやバンパーのキャラクターラインや、フォグランプ、ターンランプも含めて、大きく見えるというところにこだわってデザインしました」。福田さんは、マイナーチェンジ前のムーヴカスタムのデザインも担当した。「クルマ全体のスタンスやプロポーションは、マイナーチェンジ前を踏まえたうえで、今回のビックマイナーのデザインが出来たと思っています」と語った。

ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・ムーヴカスタム《撮影 内田俊一》